サイディング
プレカット施工
SIDING PRE-CUT

西田では、独自のノウハウを活かし、
自社工場でサイディングボードをプレカットし、サイディング施工を行っております。

西田の
サイディングプレカット施工

FLOW1

採寸用図面を作成します。

専用のCAD使い、採寸予定日までに現場採寸用図面を作成します。測って欲しい箇所に寸法線を記入します。

採寸用図面作成 採寸用図面作成

FLOW2

現場採寸を行います。

採寸用図面を元に、サイディング施工職人がレーザーを使い、採寸を行います。その建物の特性や注意事項なども記入します。

現場採寸 現場採寸

FLOW3

CAD入力を行います。

現場で採寸した寸法を元にCAD入力を行います。不明な点や質疑は採寸を行った職人に確認します。現場で作業がしやすいよう考慮しながらプレカット順を決定します。

CAD入力 CAD入力

FLOW4

プレカットを行います。

弊社が導入している専用機械でプレカットを行います。プレカットしたサイディングはCADで指示した順番にパレットに並べます。その際、職人に渡す図面に記入してある記号と同じものをサイディングの裏に記入します。

サイディングプレカット サイディングプレカット

FLOW5

端材の有効利用

プレカット後の端材を出隅加工部へ渡し、出隅を加工製作します。

端材の有効利用 出隅の加工製作 端材の有効利用 出隅の加工製作

FLOW6

現場へ配送します。

施工順序を確認し、ユニック車に積み配送します。

現場へ配送 現場へ配送

FLOW7

現場で施工します。

プレカット図面を見ながらサイディング施工を行います。使う順に並べてあり、記号も書いてあるのでどこにどれを使うか一目で分かり、スムーズに施工ができます。

サイディング施工 サイディング施工

プレカットとは

プレカットとは、住宅建築におけるサイディング工事部分について、現場施工前に工場などで原材料を切断したり加工を施しておくことで、現場で材料を加工せず、施工に必要なデータをコンピューターでデジタル化、それをもとに工場で事前に材料を加工しておく方法です。
建築現場でサイディングを加工していた従来の方法に比べ、工期短縮や現場での産業廃棄物抑制、積算精度の向上のほか、職人の技量・現場の気象条件等のさまざまな不安定要素に左右されることなく、均一な部材を安定して調達できるメリットがあります。

サイディング施工 サイディング施工